一生に一度はお伊勢参り

一生に一度はお伊勢参り

週末に伊勢神宮へ参拝して来ました。外宮でお参りして、内宮へ。内宮は皇室の御祖先であり、太陽にもたとえられる天照大御神あまてらすおおみかみをおまつりし、外宮は天照大御神のお食事を司り、産業の守り神である豊受大御神とようけのおおみかみをおまつりしているそうです。

内宮は約2000年、外宮は約1500年の歴史があります。

181225 isejingu ①

181225 isejingu ②

 

参道には大木が何本かあり、樹齢は400年から900年になるそうです。いろいろな想いを持ってお参りにいきますが、悩み事があるときは何かに自分が囚われてしまっていますので、そんな時にこの大きな木を見て、自分がとてもちっぽけな存在に感じて、気持ちがすうっと楽になったことがありました。それ以来、この大木を見に行くことも楽しみになりました。

 

181225 isejingu ③

 

江戸時代には一生に一度はお伊勢参りと言われていたそうです。今では車でびゅーんと、北名古屋市からは2時間で行けてしまいます。便利な世の中になって有り難いのか、時代の移り変わりが早過ぎて見落としているものはないか、いろいろなことを考えながら来年への想いを込めて来ました。

 

 

 

| カテゴリー: ニュース   パーマリンク